島村楽器 宇都宮パルコ店 シマブロ

島村楽器 宇都宮パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

新入荷したクリーンブースターを試してみました!

みなさまこんにちは! デジマート担当中山です! 本日は新入荷したクリーンブースター2機種をレビューしてみました!

今ではボードに組み込んでいる方も多い”クリーンブースター” 各メーカーから様々なタイプが発売されてきましたね。

クリーンブースターの役割とはなんなのか? まだ持ったことがない・・・という方に簡単に説明しましょう!

その役割とは! ”原音変化をできるだけ抑え、音量を上げる”という事に的を絞ったエフェクターです。

今までのブースターとはオーバードライブであったり、ディストーションなどでLEVELを上げて音量を持ち上げるやり方でしたが、これには弱点がありました。

そう、もともとは”歪ませる”を目的としたエフェクターだったため、そのやり方では音が若干歪んでしまったり、固有エフェクターのキャラクターが顔を出してしまうなどといった弊害が出たのです。

なので、各メーカーは必死に”原音忠実”というテーマを突き詰め、開発し、そしてこれがクリーンブースターだ!と言わしめたexoticのEP Boosterが世に出回ります。(所有している方も多いのでは?)
f:id:shima_c_utsunomiya:20170918183151j:plain

ですが、そこからさらに年月が経ち、”さらに忠実に、もっと音量を大きく”等の開発がすすめられ、そして2017年9月、新たな可能性を持ったクリーンブースターが発売されました!

まず一つ目! MXRから発売されたM293 

f:id:shima_c_utsunomiya:20170918180640j:plain


レベル、トーンのみのノブでシンプルかつ、コンパクトになったボディ。音量増幅dbが+11㏈が限度といわれていた壁を突き破り、とうとう+25㏈まで増幅が可能! 
+25㏈・・・相当音量上がります。 しかもこのボディの中には可変式のつまみがついており、増幅幅の調整が出来てしまうという画期的な機構も搭載。
トーンつまみで音の抜け加減も調整できるのでこれはかなり頼もしいです!



そして二つ目! 数々の名作を世にはなってきたshun nokina氏が展開するブランド”L`”から発売された”PV”


            f:id:shima_c_utsunomiya:20170918184108j:plain    

実はこの”PV”以前レクティークから一時期だけ発売されていた”PRO Voost"というエフェクターを少しだけ改良し、ダウンサイジングしたものなんです。
f:id:shima_c_utsunomiya:20170918184533j:plain

L’ シリーズの中で唯一の1 ノブクリーンブースター“PV”。Leqtique Pro Voostの特徴だったインピーダンスのコントロールを、あえて0に固定した状態で、L’サイズに落とし込み、Leqtiqueには無い倍音成分が加わり、一味違ったサウンドの質感に。原音を壊すことのない設計のため、サウンドの微調整などにも打ってつけです。ON/OFF時の音量変化が無いセッティングも可能なため、今お使いの機材にもマッチするとのこと。

なんと、原音を壊さずにレベル0でも効果があるとの事! バッファーとしても使えるという事ですね!

という期待度が高い二機種が入荷してきたわけですが・・・どんな音が出てくるのか!とギタリストの血が騒いだので試しました!

使用機材は安定のCOOLZ ストラトキャスター
f:id:shima_c_utsunomiya:20170918190401j:plain

アンプはMarshallDSL40
f:id:shima_c_utsunomiya:20170918191137j:plain

セッティングはBASS MIDLE TREBLE 全開(フルテン)


MXR M293&L` ”PV”弾き比べ

まず、M293はさすが+25㏈の世界! スルー状態でもでも全く音質変化がなく、VOLとTONEを上げた状態でのリフは動画でもわかるようにローが増えたように聞こえますが実際は”相当音量”が上がったために太く聞こえます。 かなり大きかったです。(あまりの大きさに一瞬ピッキングを空振りしました)。総評として”原音はあまり変化が感じられず、音量と張りが上がった感じでした。”

次に”L`”PVですが、”レンジのまとまりが素晴らしい”です。こちらも原音はそのまんまでノブを上げていくと”音がまとまってきて、つやと張りが出ます”音量はM293と比べてそこまで上がりませんが、音質補正に向いているタイプですね。

という感じでレビューしてみましたが、結果からすると音量のみ大きく上げたい! という場合でしたらM293がおすすめです。 ピーキーなーサウンドをもう少しなんとかしたい、、、という場合でしたらPVがいいと思います。

ですがどちらも素晴らしすぎる! 宇都宮パルコ店ではどちらも試奏できますので気になった方は是非!試奏しにご来店ください!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.